オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

postheader指標として重要

積み上げた札束

与信管理と言う経営管理は意外と重要なものとなっており、これが管理できるかどうかによって倒産予測ができると言われています。
倒産予測は名前の通り、倒産する可能性やいつごろ倒産するかどうかの予測のことであり、これを予測する際に重要な指標となっているのが経営管理となっています。
倒産予測にはいくつかのランクや段階が存在しているので、自分たちの経営管理がどうなのかの指標として利用することもできます。
それによっては与信管理など不十分な管理をしっかり行っていくことができますし、倒産予測が建てられているということで自社の危機管理能力の意識を高めることにもつなげることができます。

postheader与信という経営管理

札束の上のビジネスマン

企業にとっては将来を左右する要素である経営管理は非常に重要なものとなっており、多種多様な要素が絡み合っているからこそ、それぞれの管理をしっかり行っていく必要があります。
その中のひとつが与信管理と呼ばれるものです。
与信管理とは、融資や信用取引などの融資に関する枠を供与するというものであり、簡単に言ってしまえば信用を供与するということになります。
これは将来販売代金や融資の返済に関して現金を回収できるかどうかは確実ではなく、常に回収できないかもしれないという不確実性を持っているということになります。
なので、与信を管理することによって不確実性を確実にしていくことによって、融資企業から信用を得て経営管理をしていくというものになります。

postheader取引先に対しても

色々な外貨

与信とは主に企業の経営状態において高い評価を得るための管理を行うことを意味します。
信用を与えるという名のごとく、金融機関においては融資の限度額を高いものにしたり、取引先においては取引額を大きくしてもらう効果が生まれます。
経営管理を健全にし、倒産予測においても信用を与えることが目的となります。
金融機関に対しての与信活動としては、定期的に借り入れを行い、かつ返済を行うことを繰り返すことによって実績を積むことが有効です。
たとえどれほど経営状態が健全であっても、全く借り入れも返済も行なっていなければ、与信という意味では信用を得ることは難しいものになります。
同様に、取引先においても代金の支払いを滞りなく行なっていることによって、信用を得ることにつながります。
与信管理を行うということは、取引先に対しても行うことになります。
取引額をどれほどに設定するのか、それは取引先の倒産予測を定期的に行い、経営状態を常にチェックする必要があります。自社の経営管理には、取引先の与信管理が不可欠ということです。

売上を上げるためには取引額を増やす必要がありますが、倒産予測のされる取引先では、不良債権を発生させるリスクが生まれます。
経営管理という意味では、あえて取引額を低めに抑えることも必要となります。
複数の取引先に対してそのような経営管理を行い、倒産予測を行うことによって適切な取引額に設定することを定期的に行うことが重要となります。